• ホーム
  • バイアグラが服用可能か判断するチェックリスト

バイアグラが服用可能か判断するチェックリスト

バイアグラを医師の処方によって、服用するケースでは問診表と共に服用チェックリストを提出して処方する流れが一般的です。
問診表は主に医療機関にかかったときに受けるED治療を受けるための一般的な質問で、服用チェックリストはバイアグラを服用するための具体的な質問となります。
質問に答えやすい様に「はい」と「いいえ」のどちらかを選択する形となっており、それを医師が判断して患者さんの実情にあったバイアグラの処方を行なうものです。
特にバイアグラを服用可能かどうかを判断する上では、服用することで影響を受ける体内の器官があります。
例えば、心臓などの心血系の器官、肝臓や腎臓、陰茎そのものだったりです。
また陰茎へ血液を行き渡らせる様に左右することから、血圧などの質問もあります。
その他に薬の飲み合わせにもデリケートな薬剤であるので、毎日、飲んでいる薬があればどんな薬でも忘れずに医師に伝えることも大切です。
そのチェックリストの回答によっては、バイアグラの処方は不可能と判断されるケースはもちろんあります。
またバイアグラの製造元である製薬会社のサイトにはEDのセルフチェックリストから始まり、勃起時の陰茎の硬さの度合いの指標であるEHSのことも説明しています。
しかもこのEHSの指標は解りやすく硬さの度合いに応じて、グレード0~4までの段階に分けられています。
ちなみにグレード0なら陰茎が大きくならない状況、グレード1だと陰茎は大きくなるけど硬くはない状況、グレード2は陰茎は硬いが挿入可能ほど十分ではない状況です。
そして、グレード3では陰茎は挿入可能なほど十分硬いが完全には硬くはない状況、グレード4は陰茎は完全に硬く硬直している状況となります。
これは現在の状況や治療の効果を判断するための指標となり、ある意味、チェックリストとしても機能しています。